再建築不可物件を再利用する方法は複数あります!

このエントリーをはてなブックマークに追加

長く滞在するなら

インテリア

京都に長期滞在するという人はビジネスマンをはじめ旅行者など様々です。長期滞在ならホテルに泊まるよりもウィークリーマンションなどの方が安いのでお勧めです。ホテルよりも生活に必要な家電などが付いている事が多いですから便利です。

More Detail

面積は正しいか

男の人

東京で家を建てるために土地を購入した後で問題が多く出てくるのが、隣家との境界のトラブルになります。引き渡しが行われる前に土地家屋調査士に依頼して、土地の境界や面積を確定したほうが無難です。隣家立会いの下で境界を確定すれば、後々問題も出てきません・

More Detail

建築条件付きの土地探し

積み木を持つ人

岡山市内で理想の住まいを実現したいときには、不動産会社が販売する建築条件付きの宅地と建築プランをセットで活用するべきです。子育てを重視する場合には郊外の物件が最適であり、利便性にこだわる場合には市内中心部の物件を活用するのがポイントです。

More Detail

再建築ができない建物

男の人

新しく建築できない建物

住宅を建築する場合は、法律に定められている範囲でしか建築をすることができません。制限を受けやすいのは再建築不可の建物です。再建築不可の建物とは、すでに建築されている建物を壊して、新しく建築することはできない建物をいいます。再建築不可の基準は、その建物の土地と公道が2メートル未満しか接していないような場合です。この場合には、火災が起きた時に消防車の出入りをすることが難しいため、法律で再建築を禁止しています。田舎のほうにある市街地の中でも古い住宅が建築されている地域がありますが、そこの路地裏などにある家が再建築不可である可能性が高いです。では、再建築不可の建物がある場合はどのようにして家を新しくしたらいいでしょうか。

土地を買い取る

再建築不可の建物新しくする場合にはいくつか方法がありますが、その一つは土地を買い取ることです。場所によってできないこともありますが、例えば隣の家の土地と自分の家の土地を合わせると公道に2メートル以上接することがあれば、その土地を買い取ることで、建築をすることが可能になります。ただし、隣の住人との交渉が必要です。それ以外で建物新しくする方法は、リフォームやリノベーションをすることです。リフォームやリノベーションであれば、躯体は残すことになりますので再建築には該当せず、新しい建物にすることができます。ただしこの場合は、躯体がしっかりとしていることが条件です。いくらリフォームやリノベーションをするといっても、躯体が老朽化していないことが条件になるでしょう。