面積は正しいか|再建築不可物件を再利用する方法は複数あります!

再建築不可物件を再利用する方法は複数あります!

このエントリーをはてなブックマークに追加

面積は正しいか

男の人

トラブルがないために

東京で家を建てるための土地を購入して、意外ともめるケースが出てくるのが隣家との境界線の問題です。隣家との境界がどこにあるのかはっきりせずに、土地を購入してしまって家を建築する段階や、あるいは建築してしまった後で隣人とトラブルになってしまうといったケースが、東京では枚挙にいとまがありません。これでは東京での新生活に暗雲が立ち込めてしまって、気分がよくないものです。最悪の場合は、この問題を解決するために多額の費用が掛かってしまうこともあります。東京で土地を購入することになったら、引き渡しまでに必ず不動産業者に依頼して境界をはっきりと確認することが大切です。境界の確定を行うのには、資格を持った土地家屋調査士に依頼するとはっきりとした境界が確定できます。

登記の代行も

土地の引き渡しまでに土地家屋調査士に依頼して、境界を確定してもらうことで隣人とのトラブルも避けることができますし、自分が購入した土地の面積もしっかりと把握できるようになります。依頼された土地家屋調査士は、法務局にある土地の図面を利用して隣家の人と立会いの下で、境界を確定していきます。購入した人、その隣家の人が双方合意の上で境界を確定していきますので、後々問題になることもありません。境界が確定したら土地家屋調査士がその境界に境界杭を打って、境界を確定していきます。また境界間を結んで面積の計算もしてくれます。法務局への登記の代行も行っていますので、面積などに相違があれば、法務局に面積錯誤の登記も行ってくれます。